風俗で流す気持ちい汗

薄っすらとした思いだったんですが

当初はそこまで風俗が好きって気持ちが強かったわけじゃないんです。何となくというか、たまに男として発散するための場所。あくまでもそのくらいの思いでしかなかったんですよね。でもいつしか風俗ってこんなに大切何だなってことに気付かされるようになってきたんですよ。生活環境の変化なのか、それとも自分の意識の変化なのかは分かりませんけど、風俗に対して積極的に楽しもうって気持ちになっていったんですよね。それ以来、ホームページを見たりもしますし、口コミも仕切りとチェックするようになりましたね。つまりは「誰でも良い」から「自分が選ぶ女の子と楽しみたい」に変化していったってことですよね。それだけでも自分の気持ちの中ではとても大きな変化なんですけど、その変化を特にあれこれ言うでもなく楽しめることもまた、風俗の魅力の一つにカウントして良いんじゃないかなって思いますけどね。それくらい、風俗は常に楽しいなって思うんです。

これぞ人妻だからこそ

これが人妻の底力…というか、魅力なんだなっておもったんですよね。それは前回の風俗でのことです。人妻専門店に行ってきたんですよ。興味本位だったんです。人妻はavではよくお世話になっているので、実際に風俗で味わってみたいなって思ったんですよ。AV同様、若い風俗嬢にはない武器を持っているのかなって思っていましたけど、いやはや…。これが人妻の実力なんだなと思いましたね。上手なのもそうですし、丁寧なのも良かったんですけど、何より良かったのは人妻が底なしの性欲?を持っているからこそですね。まぁ性欲というかサービス精神というか、60分で3発も出したのは初めてでしたよ(笑)普通は発射するとある程度「今日はこれで十分」という気持ちにもなれば、女の子側がペースを計算して「あとはまったり」みたいな雰囲気を出すと思うんですけど、人妻は最後の最後まで「まだ出せる」という気持ちを持ってくれていたような気がしますね(笑)あそこまで凄いとは…。