風俗で流す気持ちい汗

彼女はヒーローですよ

彼女は僕のヒーローなんです。Gという風俗店にいるCちゃんと初めてプレイしてからと言うものの、風俗を楽しむ時には必ず彼女を指名するようになりました。なぜなら、彼女はこれまで自分が悩んでいたことを解消してくれる女の子だったんですよ。それまで自分は、正直コンプレックスがありました。モノがとにかく小さいので、風俗でさえ緊張するというか恥ずかしいというか。そんな状況だったので、どうすべきなのか本当に迷っていたんですよね。でも性欲が抑えられない時もあるので、それで彼女と楽しんだんですけど、彼女はこちらのモノが小さいとかそういったことを気にすることなく、むしろそれを「可愛い」とまで言ってくれたんです。その一言で何だか救われたような気がしたんですよね。彼女だったら何も気にせずに楽しめる。そう思ったら、風俗ではいつも彼女を指名するようになっていたので、彼女は僕のヒーローなんですよ。決してヒロインではないんです(笑)

なぜ風俗が最高なのかに気付いたかも

これまで風俗は最高のサービスだって何となく感じていましたけど、この前のソープでその思いに気付けたのかもしれません。ソープだけじゃなく、どの風俗にも共通していることだと思うんですけど、こっちが選べる側だってことですよね。当たり前のことかもしれないんですけど、はっきりとは自覚していませんでした。でもこの前行ったソープでフロントから「選ぶのはお客様ですよ」と言われたんです。多分、向こうからすれば別に普通のことであって、特別な口説き文句とかではないと思うんですよ。でも、自分にはちょっとした衝撃でした。思っていた子を言葉にしてくれたというか、それだなと。こっちが選ぶ側で、しかも選んだ女の子が尽くしてくれるからこそ、風俗は楽しいのかなってことに気付かされたんですよ。冷静に考えたら当たり前のことでしかないんですけど、それが自分には物凄く衝撃的なことだったんですよ。言われてみれば女の子を選べるのなんて風俗くらいですし。